記事投稿CGI作成 HTML

前書き

みるくと申します。一児の母です。
中学生の頃にいじめに遭いましたが、今ではそれをほとんど思い返すことなく前向きに暮らしています。
いじめに苦しんでいる方に少しでも希望を感じてもらえたらと思い、当時の記憶をたどって書きました。
ちょっとでもお役に立てたら幸いです。


いじめの体験談 みるくさんの場合 記事一覧

人と違うから?…
私はとある町のお商売をしている家に三女として生まれました。親としては商売をしていることや、昔のことでもあり、男の子を望んでいたようですが私が女として生まれてきて少しがっかりしたようです。3年後下に男の子が生まれ、四人姉弟になりました。親は共働きでほぼ休みがないような状態が常でしたので、何となく自由に育ててもらったように記憶しています。私自身は親が願ったせいか、男の子のような性格になり、他の男の子の友達を従えて遊びまわるような感じで日に焼けて真っ黒でした。小学校高学年になると、女の子の友…
いじめに耐える
中学生などは多感な時期で、女の子は必ずグループを組んだりします。意外と男の子たちはいろんな形で交流するので、そこまでグループに分かれて行動するわけではないようです。いじめのきっかけとはほんの些細なことで、いじめられている当人はまったくなぜこんな目に遭うのか分からないうちにどんどんエスカレートしていきます。クラス替えがあって、半分以上が面識がないような状態からいっぺんにクラス中の生徒がある一人の生徒を無視するようになる。これはクラスの一人ひとりの見解が一気に一致しないと起こりえないことで…
その時先生は…
いじめられたら親や先生に相談する…ということはいじめられている当人はとてもやりずらいものなんです。いじめというものは基本的に公のばで行われると言うよりは、陰で陰湿に嫌がらせをするもので、私のように普通のふりして毎日負けずに通ってくる者は、いじめている中心人物からすれば本当に面白くない奴だったかもしれません。実際当時の担任はまず、私がいじめられていたことについて気付いていたはずだと思っています。なぜなら、普通係や班分けなどの名前が書いてある掲示物に、いちいち私の名前の場所だけ、数個が描画刺…
いじめっ子と決別するには
いじめに耐えて中学3年を向かえ、高校受験シーズンがやってきました。何とか中学2年のいじめられている一年間を学校を休むことなく耐え抜いて、クラス替えで多少緩和された雰囲気ながら不穏な空気も感じながら、高校受験は公立高校を一校のみ、専願で受けることになりました。当時の私の住んでいたところでは高校受験の場合、クラス担任が成績を見て大丈夫と判断した場合は受験費用などのこともあって、一校だけに絞り込んで受けさせていたものでした。ビックリするような好成績ということではなかったのですが、難なく受…
そこまでして…
高校に入って、私は普通科に進学したのですが商業科に中学生当時私をいじめていた中の取り巻きの一人が存在していましたが、中心的にいじめてきたことはなかったため、まったく意に介さずに楽しい毎日を送っていました。しかしその残党の子が何だか私のことが面白くなかったのか、商業科の友人らにきっと私のことを悪く言っていたに違いありません。高校生活真っ只中のある日、まったく面識も接触もない商業科のツッパリ系の女の子たちからなぜか私は呼び出されたのです。まったくなんらかの落ち度や迷惑などかけていないですし…
相手の気持ち
青春時代にいじめに遭うことは、誰にも起こりえることだと思います。私自身中学2年生で酷い無視や言葉の暴力、あだ名などいじめに悩まされましたが、今でも何で自分がいじめられなければならなかったのか、よくわかりません。何となく目立つ、人と違うといったことだけでもいじめの標的になることがありますし、ちょっとコミュニケーションの仕方が下手な場合などで、何となく疎ましがられるなんてことからいじめに発展することもあるようです。ではどうして当人だけではなく、周りの関係のない人たちまでいじめに加担してくるんで…
いじめの後遺症…
私は中学生の時いじめられてから、どれだけいろんなことを努力しても何となく自信がなかったり、必要以上に認めてもらいたいといった願望の強い人間になってしまったようです。昔から負けず嫌いで勝気で、なんでも出来るようになることが好きでしたが、数十年経った今でも自分を評価して欲しい、認めて欲しいという欲求が異様に強いんだなぁと、改めて思うことがあります。しかし世間はそれほど自分のことを認めてくれるわけではなく、何なら全く評価されないといった感じだったりもします。しかしそういった願望が強いことは自覚しつ…
ちいさい頃は…
私には今もうすぐ5歳になる子供がひとりいます。実は高校時代に付き合っていた彼と大学を出てすぐに結婚したのですが、子供が欲しい、欲しくないとか、金銭感覚などの不一致から不仲になってしまい、数年後に離婚しました。私は元々子供がとても好きでしたので、中学1年のとき担任の女性の先生が子供を産んだときなど家まで押しかけて、そのかわいさに将来保育士さんになりたいななんて、ふわっと考えていたものでした。しかしせっかく若くして結婚したのですが、旦那さんの「子どもなんて要らない、産むなら一人で育てろ。」…
哲学的なこと
私たちの子供の頃には、小学校の授業の中に「道徳」と言う名前の授業がありました。そ の授業では何をしていたかというと、確か道徳的な物語を読んで皆でどんな気持ちなのかなど話し合って、理解するようなことだったり、部落の問題や差別問 題、今では全くと言っていいほど偏見がない韓国部落(今ではそういった言い方はしないと思いますが)についての話など、小学生ながら今考えると必要性の高 いことを学んだのではと感じています。私たちの校区にもかつては韓国部落と言われた所が存在していましたので、それについて偏見を持…
幸せを感じるちから
皆さんは今、「幸せ」ですか?迷いなく幸せです!と答えられる人は一体どれくらいいるんでしょう。私は迷いなく「幸せです。」と答えられます。では幸せってどんな形ですか?幸せに形があると思いますか。私は、幸せとは、一般的には自分の中で作り上げる幸せのカタチがあって、それにあてはまったら幸せだと思うのではないかと考えています。例えば、女の子ならかわいく生まれて、いい恋愛をして素敵なお嫁さんになって結婚して子供がうまれて…なんてところでしょうか。男の子なら勉強していい大学には言っていい会社に勤め…
心こそ大切 
何年経ってもいじめの問題は中々減っていかない事に、親となった今もとても心が痛むのですが…。いじめをするココロの構造の中には、拝金主義とか、他の人よりも自分がよければそれでいいといった感じの考えかたが根強くあることがとても関わっていると思います。いじめ以外でも、例えばおれおれ詐欺などは自分と関係ない第三者がだまされて、お金を取られたらどうなってしまうだろう…という相手の立場になってモノを考える心があれば、こんな事をしようという気持ちにはならないはずです。誰かが困ってもカネを手にした自分が「…
ぶつかり合うことも大事
今小さな子供を育てていますが自閉症があるため普通の子たちとはちょっと違うのですが、たまたま保育園に入れていただけてとてもありがたく感じています。保育園での子供たちは自分の子供でなくても皆さん本当にかわいく、こういった場所に触れる事ができて、親になれてよかったなぁと思います。保 育園の先生たちはほんとに子育てのプロで、子供同士がちょっとしたけんかになったりおもちゃを取り合いになったりしたときにも、しっかりとお互いを向き合 うようにさせて、相手の子がどんな気持ちだったかをお互いに考えさせたりして…
人のために尽くす社会
昨今では信じられないような天変地異が日本全国、いや世界中で起こっていて自分がいつこのような災害の被災者になってもおかしくない世の中になってしまったなと感じています。実際私は阪神大震災の被災者でしたが、家は半壊、仕事先はほぼ全壊といったような状況でした。記憶に新しいものは東北大震災ですが、他にも風水害などいつ何時なにが襲ってくるかわからないような毎日です。災害があったときには日本人は本当に皆助け合って素晴らしい人間愛を感じるのですが、そんな日本でどうしていじめなんていうものがなくならないのでし…
何か意味がある
私は今でこそこれほどのポジティブシンキングになりましたが、いじめられている中学2年生の頃は、本当に辛くてどうしていいか分からなくて、ひとりで泣いたり悩んだりして過ごしていました。しかしその時に今の考え方ができるようになっていたら、さらにいじめから脱出するのが早かったかも…とも思います。といってもその頃からもう20年以上も経っているので、成熟した大人だからこんな芯の通った強くてたくましい心になったのかもしれませんが…。いじめって表面的なその場の構図だけ見てもあまり意味がない気がします。根…
乗り越えられない試練はこない
世の中にはさまざまな考え方の方がいらっしゃいますので、とても頑張っている人がいてもねたんでみたり、悪口をいうようなひともいたりします。しかし基本的な考え方の中に、「人にしたことは自分に返って来る」ということをすえておけば、おのずと悪いことをしようとする者は減っていくのではないでしょうか。そうはいってもなんらか人と異なっている、ねたまれるなどによって、「いじめ」の対象になってしまうこともあります。一生懸命まっすぐに生きているにもかかわらず、です。それだけ真っ直ぐに生きているのにいじめられ…
戦争のことを知ろう
私はもちろん戦争のことは直接知っている世代ではありませんが、たまたま読んだ書物のなかで、私の現在住んでいる地 方でも、第二次世界大戦のときに大空襲があって、名前の知っている川のところが死体で埋まっていたり、亡くなった人たちを踏みながら逃げ惑ったと言うよう な実際にあった戦争の様子を少しですが垣間見たことがあります。今物販のお店に立っていますが、80代のおばちゃまが時々買い物に来られ、とても饒舌な方なので昔の 話をよくしてくださるのですが、その中でも同じような悲惨な戦争のお話を何度か伺っています…
貧しくないですか
私は子供が生まれたときから一人で育てていますので、世間一般からみればとても貧しいといえるような生活を送っています。しかし全く不便を感じたこともありませんし、大金持ちの方が海外旅行に行くのを見てもまったく羨ましいと思わないのですが…ちょっと思考回路が変わっているのかもしれませんけどね。昔の言葉で、ボロは着てても心は錦…なんて言い方がありましたけど、まさにそんな言葉を地で行ってる感じだなと自分でも感じています。しかし心の持ちようひとつでほんとに世界が変わって見えるので、こういった心の持ち方がで…
褒めてあげよう
私も中々出来るほうではありませんでしたし、今もその傾向が強いのですが、人は褒めると絶対に伸びるものですので、どんな場面でも人を褒める、という事を多くの人が実践していけば、これも世の中への影響は計り知れないと思いますがいかがでしょうか。今子供が保育園に通っていますが、まだまだ純真無垢な子供たちは、本当に素直でどのお子さんもかわいらしくて嬉しくなります。私の子供が通っている保育園の場合、毎日必ず誰かが金メダルをもらうのです。うちの子などは自閉症で発達遅滞ですから、おしめもまだとれないような状態で…
親を選んで生まれてくる
私の母が、ずい分私が大人になってからですが、私が子供を生んだときなどにしきりに言っていたことがあります。それは「子供は、その親を選んで生まれてくる」ということなんです。私の子供は今4歳ですが、6ヶ月でミルクを噴水のように戻すようになって、すぐに心臓の弁が閉まらなくて逆流して肥大しているとのことで4時間に及ぶ手術をしています。しかも3歳前後に一般のお子さんとは発達がやや異なることがはっきりし、現在は発達遅滞と自閉症との診断を頂いています。私が若い頃、子供が欲しいと思っていた20代の頃には、も…
ありがとうという気持ち
ありがとうって言う言葉、とってもありきたりに思いますが、コレをいつも心の中に携えているだけで、どなたでも絶対に幸せになれると思います。だって、今も景気が上向きだとか言っててもまったく実感なんてありませんが、私たちのような一般の方からすると貧しい部類の生活でも、まったく食べるのには困らないし、上手く工夫さえすればとっても快適に暮らせてて、本当にありがたいんですから。きっと人が聞いたらかなり貧乏でかわいそうって思われると思います…うちは一応正社員のカタチでフルタイムで働いてても住民税も非課税の母子…
ネットとのつきあい方
昨今のインターネットの発達は私たちが子供だった頃からは、考えられないような凄いものです。しかし、私も含めてこのインターネットの便利さなど恩恵を受けていても、危険性を危惧せずにはいられないことにとても矛盾を感じています。私たち大人の世代でも、こういったネットでの人との付き合いにおいて、SNSなどを通じてただ楽しく交流したり、今までにない人のつながりや流れを経験する事が出来て便利な反面、逆にこういった場所でトラブルになったという経験も持ち合わせているのです。ネットはとても便利ではありますが、相…
子供のふれあい
皆さんは子供の頃ってどんな遊びをしましたか?私の時代はまだそんないろんなおもちゃが豊富ではなかったので、ベーゴマやめんこ、トランプに将棋くずし、オセロに…紙に書いて遊ぶようなものも多かったように記憶しています。後は自然の中で、川に入って魚やザリガニを取ったり、夏はセミ取り…セミが殻から抜け出して成虫になるのも見ましたね。犬やネコも良く飼っていましたので、動物と触れ合う機会もとても多かったなぁと、今考えると思うのですが。4人姉弟で親は共働きでしたし、さほど親に構ってもらった記憶もありません…
子供の遊びかた
先ほど子供の遊びについて少し触れましたが、モノが今よりあふれてはいない時代に私は育ちましたので、遊びと言えば、その辺にあるものを使ったり、とてもシンプルでありながら、頭を使ったり子供同士で体を使うような遊びがほとんどでした。しかし今の遊びは電子機器、テレビゲーム、精巧にできあがったおもちゃ類が多く、豊かで素晴らしいのでしょうが…これでいいのか、人間形成は大丈夫かと、親になった今常々危惧しています。しかしこういったおもちゃを作っているのは今の(大人)、私たちの世代の人間です。日本は資本主…
命をたいせつに
昨今の住宅事情などのせいもあるかとは思うのですが、犬やネコなどペットを家族として迎え、暮らしている方もいらっしゃとは思いますが、中々こういった動物を身近に触れ合える機会が減っているように感じます。私が小さい頃は、のら犬やのらネコが結構いましたし、川でザリガニを取ったり、時にはカメまでいたりして、こういった動物と本当によく触れ合って育ったものでした。またそういった環境であったせいもあり、車にはねられてしまったかわいそうな犬やネコの死体を目撃することも少なくなく、この亡くなった動物のことを思うと…
親としての自覚
子供が出来たら皆さん自動的に親になりますが、親としての自覚はしっかりとありますか。そんなもんは突発的にできてしまったから考えたこともない…という方もいらっしゃるかもしれませんし、親としては、自分の子供がそこそこ健やかに成長すれば、人様に迷惑かけなければいい、という風に考えている方もいらっしゃるかもしれません。しかし子供は自分の(子供)でもありますが、日本と言う国の(社会の一員)でもありますので、うちの子供だけ良けりゃいいという考え方で育てるのは私は間違っていると思います。もしこの考え方で自…
生きているから悲しいんだ
アンパンマンの作者である、やなせたかしさんが94歳でお亡くなりになりました。私はまったく存じ上げなかったんですが、やなせさんは、「手のひらを太陽に」の作詞もされていたんそうですね。お亡くなりになったことでこういったことが報道されていましたので、ここで初めて知りました。やなせさんがアンパンマンを造りだしたのには、ご自身が体験した戦争のことが大きく影響しておられるのだそうです。戦争では殺し合い、食べ物がなくなって死んでいく…これを自身で目の当たりにしておられて、こういった時代が終わっても、世…
うつし鏡。
皆さんは毎日鏡を見ていますか。私も最近は子育てや仕事に忙殺されて、ほとんど鏡なんて見てられないのですが…その本当の鏡とはちょっと違うお話ですが、よく母が言っていたことのなかにこんなこともあったんですが、自分がとても苦境といえる状態に立たされたとき、普通ならなんで自分がこんな目に遭うのかとか、どうして自分だけ…なんて考えてしまいますが、そうではなくて、それには何らかの意味があって、自分が変われば周りも、周りの人も変わるんだよ、というのです。人に笑顔で挨拶されたら、何となく気持ちよくてこちらも大…
いじめられている子を持つ親御さんへ
親になったら自分の一番かわいいですし、自分の子供がまっすぐ成長して欲しい、そして人より秀でて欲しい…こういった願望を持つのはごく普通のことだと思います。しかし、どういった理由か分からないけれど、この愛しい子供がいじめに遭ってしまう…これもどなたにもありうることなんです。実際私は今ではちいさな子供の親となりましたが、中学2年のころに一年間に渡っていじめに遭いました。正確は快活で男の子のようないでたちでしたが、今でも理由は自分でもよく分かりませんが、クラス中から無視をされ、名前を書いた場所には画…
最後に勝ったと言える人生を
私は中学2年生でいじめに遭いましたがここまで生きてきて、人生の折り返し地点も過ぎたところです。もしもいじめにあって、その時万が一命を絶つようなことになっていたら、今ここにうちの子供もいません。いじめられているときはそれはそれは辛くて地獄のように感じていましたが、今となっては夢物語のように過去の淡いベールにつつまれたものになりました。40代まで生きてきたからこそ、今ではいろんなことが達観できるようになってきて、幸せを感じるチカラも備わってつつましくも幸せを噛みしめながら暮らせています。いじめ…
いじめられている君へ
ある日突然、自分の存在を無視されたり、罵声を浴びせられたり嫌がらせを受ける…いじめはほんとに突然自分に振りかかってきます。自分の性格がちょっと変わっているとか、コミュニケーションの取りかたが下手だとか、何らか自分に他の子と違う所があって、それが気に障ってこういったことが起こる…あるいは何の落ち度がなくても目立つから、という理由だけでこんな目に遭うことも…。しかし今まさにいじめられている君は、その暗闇だけをみるのはどうかやめてください。世界と言うものはそんな小さな場所だけではありませんから…